本日16日(金)に日テレで「最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王」か放送されます。
日本で一二を争う学校の方々が頭の良さを競うわけですが。
なんとなく「すごそうだなぁ」と眺める会社帰りのサラリーマンとか「うちの子も東大や京大に・・・」みたいなお母さんとか。
「自分もああなりたい」と思う子供とか、それぞれがいろんなことを思いながら見るわけですが。
共通して思っているのは、じゃぁ実際どれくらいすごいの?というところだと思うんですよね。
というわけで、実際どのくらいすごいのか、ということを中心にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Links

大垣元紀さんとは?

大垣元紀さんはこちら。

引用元:ツイッター @yurika_otori
引用元:ツイッター @yurika_otori



赤いソファーが目を引きますね!


大垣元紀さんは、はっきり公開されていませんが、1991年生まれのようです。
同じ高校だった方のツイートに1991年産(生まれということだすると・・・)と書かれてあるので25歳か誕生日が来ていなければ24歳でしょう。


現在は、京大大学院理学研究科数学教室のM2(修士課程の2年生)です。
となると、いったいどこの中学高校を卒業したのか、ということを知りたくなる方も多いと思うのですが、情報は公開されていません。


言うまでもなく、進学校ではあるでしょうね。
(いちおう、同じ高校だった方が進学校と書かれています)


そして、じゃぁ大垣元紀さんはどれくらいすごいのか?ということですが、自分の周りの京大理学部進学者のことを思い出しながら、私見で分析してみます。


京大理学部は、普通に成績がいい、というタイプでは少々入りにくい学部だと思います。
自分の知り合いで京大理学部に入った人は、秀才タイプというより天才タイプの方が多いイメージです。


テスト前の休み時間に、まだ勉強していないページをパラパラめくって数分で理解する(または暗記する)という人がいたり。
え?そんなので頭に入るの??と質問した覚えがあります(^^;


いわゆる飲み込みが早い、頭の回転が速いというタイプ。


そういった観点では、京大理学部に入っている時点で地頭がいい人なんだろうな、という推測がある程度できます。


なので、大垣元紀さんが、MENSA(メンサ)会員(全人口のうち上位2%の知能(IQ)を持っている人が入れるクラブ)というのも、何も不思議ではないですね(^^;


ちなみに、他にMENSAに入っている有名人としては、脳科学者の茂木健一郎さんとかお笑い芸人の宇治原史規さんとかがいらっしゃいます。
Sponsored Links

絶対音感を持つ大垣元紀さん

大垣元紀さんのツイッターには、『ピアノ ショパンを練習する時間がほしい』と書かれています。
ピアノを演奏されるんですね。


そして、絶対音感をお持ちのようです。


大垣元紀さんが秀才なので、絶対音感もなんだかとんでもないもののように思えますが・・・。


個人的には、絶対音感ってそんなにすごいものでもない・・・と思っています。


テレビとかで絶対音感を持っている人が出演していると超人的な扱いを受けてますけど(^^;


超人的、というよりも少数派なので珍しがられる、という方がなんだか腑に落ちますね。


そもそも絶対音感とは、というところからなのですが、

そもそも絶対音感をざっくり説明すると、歌のメロディーや楽器で鳴らされた音の音名を言い当てられるだけでなく、「街で聞く雑音の音名をも絶対的に言い当てられる音感」のことです。

絶対音感にもいろんな定義があるようですが、最近はこのように言われていることが多いですね。


この絶対音感は、持って生まれた資質が大きく関係している、と言われています。


資質を持っていてかつ、幼少期に絶対音感が鍛えられる環境にあった(訓練をした、音楽にたくさん触れる機会があったなど)という場合につく方が多いようですね。


割合でいうと、丸善の『音の百科事典』には、絶対音感保持者は一般大学生に3%いる、とのこと。
学校の一クラスが30人だったとして、クラスに約1人という計算になります。


なので、絶対音感そのものはそんなに特異な才能ではないのかな~と。
それよりも、絶対音感をどういかしていくのか、ということが大切な気がしますね。


そういった意味では、大垣元紀さんの場合、秀才にプラス絶対音感となると、相乗効果でイメージは『おお~』とどんどんふくらみますよね。


頭脳王に出演して視聴者の方に観てもらわないといけないわけですから、大垣元紀さんという人をブランディングする意味では、「秀才で音楽にも精通してる王子°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°」って少女マンガに出てくるみたいですごく素敵だと思います^^


そんな大垣元紀さん。
今夜の頭脳王ではどのような活躍を見せてくれるんでしょうか。
楽しみですね~。