クラブW杯、3位決定戦はPK戦の末、南米代表のアトレティコ・ナシオナルが勝利しました。
そしていよいよあのレアル・マドリードとの決勝戦です。
対戦できるだけでもすごい、と思ってしまいますが、ぜひそこから一歩踏み出して勝利を勝ち取ってもらいたいですね。
今回は鹿島アントラーズの選手の中から植田直通(うえだなおみち)選手についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Links

植田直通選手とは?

植田直通選手はこちら。

引用元:CYCLE
引用元:CYCLE

引用元:CYCLE
引用元:CYCLE

植田直通選手は1994年10月24日生まれの22歳。


ポジションはDF(センターバック)です。
引用元:ダイNAMO
引用元:ダイNAMO

センターバックは、ゴール前の真ん中で守る選手で、相手チームの選手が突進してくるのを止めたりする役割があります。
守りの砦ですね。


植田直通選手。
小学校ではテコンドーをやっていたという意外な経歴の持ち主。


しかし、サッカーを始めたのも小学校3年生
ということはテコンドーとサッカー両方やっていたんですね^^


そして、地元熊本県の住吉中学校から本格的にサッカーをするようになります。


高校はサッカーの強豪校である大津高校に進学。


1年生の頃からスタメンに抜擢され、3年生の時には主将として第91回全国高等学校サッカー選手権大会に出場しています。


高校卒業後は、鹿島アントラーズに入団しますが、他にも、浦和レッズ、横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、FC東京や名古屋グランパスなど数多くのクラブからオファーを受けるほど突出した才能の持ち主です。


2014年にはAFCアジアカップ2015日本代表メンバーに初選出。
その後もAFC U-23選手権2016のメンバー、リオデジャネイロオリンピックのメンバーなどに召集されています。


「フィジカルなら海外の選手にも負ける気はしない」という植田直通選手。


186cmという長身と抜群の身体能力を生かして今夜も頑張ってほしいですね。


Sponsored Links

植田直通選手のご家族や彼女は?

植田直通選手はご両親とお姉さん、妹さんがいらっしゃるそうです。


なぜかお姉さんのことがよく調べられているようですが、特別な情報はありません。


また、彼女などの熱愛についても特に噂はありませんでした。
まぁまだ若いからこれからですかね(^^;


そして、2016年、植田直通選手の地元、熊本は多くの方が被災されました。


いつもは割と表情を崩さない印象がある植田直通選手ですが、熊本地震発生から2日後試合後のヒーローインタビューでは以下のようなやりとりがありました。

「熊本出身の植田選手にとって、今日は特別な想いでのプレーだったと思います。胸の内を聞かせてください」と問われたときだった。右手で目頭を押さえ、約30秒の沈黙の後、「僕には、それ(サッカーで勇気づけること)しかないんで。頑張ります」とだけ声を振り絞り、カメラの前を去った。

その試合の後、クラブの強化部に何とか許可をもらってすぐに熊本に帰り、避難所を回って物資を渡したそう。


植田直通選手のふるさとを思う気持ちが伝わってきます。


今日は熊本の人たちもたくさん応援していることでしょうね。

植田直通選手の年俸は?

そんな植田直通選手の年俸ですが、このようになっています。


2016年の年俸・・・1200万円
2015年:1000万円
2014年:360万円
2013年:360万円


もっともらってもいい感じがしますね(^^;

植田直通選手がMステに?

植田直通選手がなんでMステに出てるんだろう??と思っていたら、どうやら観客の一人として見に行ったとの噂が。


ちょうどジャニーズ事務所のSexy Zoneが歌っているときの観客として映っていた男性が植田直通選手だ!と話題になったようです。


顔立ち、長身としっかりとした体格、そして以前、植田直通選手がももクロのライブを見に行ったという話があり、ちょうどその日もももクロが出演していたことから植田直通選手で確定!ということになっているようです・・・もちろん、ご本人に確認はできていません(^^;


スポーツ選手はいつも緊張した状態を強いられるので、ライブで発散くらいしたいところですね!


いよいよ始まったクラブワールドカップ決勝。
ご活躍期待しています。