今朝のフジテレビ『ノンストップ!』で司会を務めるお笑いコンビのバナナマンの設楽統がいない・・・と話題になりました。
設楽さんは急性胃腸炎のため欠席ということで、とにかく回復されることを願うばかりです。
今回は、設楽さんが患っている急性胃腸炎や、看病されていると思われる設楽さんの奥様についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Links

バナナマンの設楽さんがかかった急性胃腸炎とは?

バナナマンの設楽さんはこちら。

引用元:http://yuchmoch.exblog.jp/19030801/
引用元:http://yuchmoch.exblog.jp/19030801/



ノンストップのオープ二ングで渡辺和洋アナが『きょうは、設楽さんが急性胃腸炎のため番組を欠席とさせていただきます』と説明されていました。


また、『いま、流行っていますからね、設楽さんも気をつけていらっしゃんたんですけど、皆さん手洗いうがいをね、かかさないようにしてください』ともおっしゃっていました。


設楽さんがかかった急性胃腸炎とはどのような病気なのでしょうか。


まず、急性胃腸炎になるとこのような症状がでるそう。

突然の嘔吐や下痢を伴う病気で、一過性のものをいいます。一般に、嘔吐は胃炎、下痢は腸炎の症状です。
 



より詳細な症状の現れ方としては、

細菌性の場合は、嘔吐や下痢のほか、重症化すると血液が混入した、あるいは膿性(のうせい)の下痢便、発熱、腹痛などを伴い、ショック症状(血圧低下、意識障害など)を起こすことがあります。
 ウイルス性の場合は、水様性の下痢便が特徴です。



では、急性胃腸炎に気付いたらどうした場合、どう対応したらいいのでしょうか。

通常、夏の下痢症は細菌性(毒素を含む)が多く、冬の下痢症はウイルス性が多くみられます。しかし、近年の食材のグローバル化および冷凍保存などで、このことは必ずしもあてはまりません。
 血便・膿性の便の場合は細菌性を疑います。一過性で1〜2回の下痢で治まるなら、生菌製剤で様子をみることができますが、次第に悪化する場合や、血便・膿性の便の回数が多く続くようなら受診しましょう。

自己判断はなかなか難しいので、いずれにしてもちょっとでもおかしいと思ったら病院を受診した方がよさそうですね。


予防法としては、石鹸でしっかりと手洗い&うがいをする、マスクをして感染予防、夏場の食物はしっかり加熱するということなどがあげられます。


また、最近はストレスによる急性胃腸炎もあるそうです。


設楽さんは今年の年間TV出演本数が621本とのこと。


コンビとしても345本に出演しているとのことなので、少し疲れがたまっていたということもあるのかもしれませんね。


早く元気になってくいただきたいですね。

Sponsored Links

設楽さんの嫁が美人と話題に

現在、設楽さんの看病をされていると思われる設楽さんの奥様ですが。


設楽さんの奥様と言えば、たびたび話題になるのですが、とても美人な方なんですよね。


その画像がこちら。

引用元:http://blog-imgs-27.fc2.com
引用元:http://blog-imgs-27.fc2.com

引用元:CRISPY TREND
引用元:CRISPY TREND



過去にテレビに出られた時のものですが、すごく美人なのがわかります。


19歳の時から付き合っていて、26歳の時にご結婚されたそう。
設楽さん、すごく一筋な方なんですね。


今はななはちゃんという娘さんもいらっしゃって、公私ともに充実されている様子ですね。


早く元気になってノンストップに帰ってきてくださいね!!