スマスマ最終回がついに終了しました。
自分は特にSMAPのファンというわけではないのですが、涙なしには見れませんでしたね。
やはり、SMAPは国民的アイドルという枠をもっと超えたところにいたグループな感じがします。
自然にいつまでも存在してくれている、と錯覚していた人が多かったのかもしれません。
今回は、そんなSMAPの解散がもたらすSMAPロスについて取り上げたいと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Links

SMAPロスとは?

早速SMAPロスの症状を訴える人たちが。


大ファンじゃなくてもこの症状。
https://twitter.com/t_love_93/status/813392878592356353
まだ実感したくない、という人も。




そういう自分もなんだかぽっかり穴があいたような気持ちになっていますΣ(・□・;)


症状の重症度はやはり、普段の生活にどれくらいSMAPが入り込んでいたのか、ということが関係しているように思いますね。


そして、これを自覚しているならともかく、今回のSMAPの解散を受けて、実は自分の生活にはSMAPが意外と入り込んでいたんだ、とようやく気がついた人も多いことでしょう。


それくらいSMAPというグループはこれまで前例にないほど深く、そして長期間に渡って私たちの生活に浸透していたわけです。


こちらはお医者様が説明するSMAPロス。

長い間テレビやコンサートなどでSMAPの存在を身近に感じていた方が、今後SMAPという形では活動する姿を見ることができないということにショックを受け、気分の落ち込みや意欲の低下、物事に集中できなかったり泣いてしまったり、強い喪失感を経験することを表す言葉として取り扱っていきます。

やはり大切なものを失ってしまったという喪失感みたいなものが大きいようですね。
いつもそばにあったものが急になくなってしまう、というのは誰にとってもショックなことですよね。

Sponsored Links

SMAPロス・・・対処法は?

とはいえ、学校も仕事もあるので日常生活に支障が出ないようにしていかないといけないですね。


SMAPロス自体はもちろん病気ではないので、時間とともに少しずつ回復していくものと思われますが、今現在、気持ちが落ち込んだり、寂しく悲しくなったりする、という部分については対処法があげられます。


例えば、寂しい、悲しいと思って涙が出てくるのであれば思い切り泣く、ということがあげられます。
自分の感情を抑え込まず、しっかり外に出す、ということですね。


そういった意味では、自分の今の気持ちを紙に書きだすのもいいですね。


また、何もやる気が出なかったりする場合には、しっかり睡眠をとると翌日は体が元気になって意外と気分も上がったりします。


気分転換にウォーキングなど体を動かすことをやってもいいし、ハーブティなどで気持ちをリラックスさせてあげるのもよさそうですね。


SMAPの解散はたしかに残念なことですが、5人にとっては新しい門出でもありますから引き続き皆で見守って応援していきたいですね。