「馬と魚」という芸人さん、ご存じですか?
私はよく知らなかったのですが、たまたま動画サイトでネタを見て、「面白い」というより、「すごーい!」と思った芸人さんです。


…芸人さんなのに、「面白い」って感想じゃないのもなんですが(^^;。


馬と魚は、久間隆司さんという方がピンでやられている、よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪所属の芸人さんです。


スポンサーリンク
Sponsored Links

2014年のR-1グランプリで準優勝されています。
このときに芸歴2年なので相当な早咲きですね。
一見年がわかりにくい顔をしているのですが、1990年生まれ(衝撃…)ということなのでまだまだ若いですねぇ。


主に歌ネタでプチブレイクしているのですが、何がすごいかというとその歌のクオリティが高いんですよね。


あ、「歌のクオリティが高い」じゃよくわからないですよね(^^;。


えーと、有名なアーティストの方が歌いそうな歌を作るのがすごくうまいんですよ。


例えば、「歌手のaikoさんが桃太郎をテーマに曲を作ったらこんな曲ができるはず!」と勝手に妄想して曲を作って歌詞も付けて歌うんです。
他にも、RIP SLYME風だったり、奥田民雄風だったりいろんなネタがあります。


これがすごく「そうそう!」と言いたくなるくらい超本人の雰囲気が出てるんですよ。


本人がそんな歌詞で歌うはずもないのですが、メロディラインとかその本人が歌っているのが想像できるくらいに似てる!


きっと曲のコードやメロディのとらえ方とかの才能がすごいんでしょうね。

Sponsored Links

こういうのって観察力も必要だし、それを表現する技術も必要ですよね。
この両方の才能があるって、単純に「すごいなぁ」と思います。

馬と魚はギターを片手に歌うのですが、かなり本格的な感じです。


聞いてるこちら側は、「本人は絶対それやらないけど、あるある!」っていうちょっと妙な感覚に陥ります。


ちなみに、「馬と魚」という芸名は自分の顔が「馬」と「魚」に似ているからだそうです。
確かに、顔が細長くて目が真ん中のほうによっているので正面から見た魚に似ている感じですね。
まぁ、芸人さんとしてはとてもおいしいですよね^^。


また、パクリ疑惑という噂も出ていたようですが、これはマキタスポーツさんが似たような芸風で先にやられていたから、ということのようですね。

マキタスポーツさんもミュージシャンの思考形態の模写をされているので、そういう話が出てしまったようです。


個人的には、芸風が似てしまうことはよくあることだと思うので、どれだけ人を感動させられるか、楽しませられるか、というところでいいと思うんですけどね。


私が馬と魚さんのネタを聞いてみて、パクリだなぁとは全くお思いませんでしたね。
あれはやはり本人しか作れないものだと思うので。

大学の学園祭にも出たりしているようなので、生で見てみるのもいいですね。…ちなみに、本人の出身大学等については、特に情報はないようです。


若くて才能がある方なので、今後どういう方向に進まれるのか楽しみですね!