プラネタリウムって最近見ましたか?
Nicoは子供のころ以来見ていません(^^;。
久しぶりに行ってみたい!
今回はプラネタリウム・クリエーター大平貴之さんについてご紹介します。

スポンサーリンク
Sponsored Links

大平貴之さんは1970年生まれの現在46歳。
こちらの方ですね。

引用元:メガスターオフィシャルサイト
引用元:メガスターオフィシャルサイト



大平貴之さんと言えば、「MEGASTAR」というこれまでのプラネタリウムとは比較にならないほどの星を映し出すものを開発された方として有名です。
そのすごさは、というと、従来のプラネタリウムが6~7等級までの恒星、およそ6千~3万個を再現するものでした。
これに対して、大平貴之さんが開発したMEGASTAR-Iはこれらの100倍以上の150万個もの星を映し出せるものなのです。
そして、それがさらに深海して、2008年6月に発表されたSuper MEGASTAR-IIの投影星数はなんと2200万個というので驚きですね。


そんな大平貴之さん、少年時代からとにかくプラネタリウム漬けの日々だったようです。
10歳のころには卓上ピンホール式プラネタリウムを製作していたとのこと。


21歳の頃には、個人製作は不可能だと言われたていたレンズ投影式プラネタリウム「アストロライナー」を完成させます。
26歳で日本大学大学院理工学研究科精密機械工学専攻を修了し、株式会社ソニーに入社し、ますますプラネタリウム街道まっしぐら。


28歳でMEGASTARを発表後、33歳でソニーを退社されています。
その後、有限会社大平技研を設立され、現在のご活躍に至っています。
Sponsored Links

小さい頃からプラネタリウムを追いかけ続けてきた大平貴之さんのとはどういう人なのかますます気になってきますね。
ということで、大平貴之さんの性格についてですが。
「嘘つき」だという衝撃的な言葉がありましたΣ(・□・;)。


本人もツイッターでこう言っています。




そして、ツイッターの固定されたツイートはこれ(今現在)。


こんな嘘をついたり。


そしたら、これはどうなのだろうか??


嘘つき?と思ったらこんなツイートも。


女子高生ネタも多いw


女性に関するネタ、ほんと多いww


こんな熱いツイートも。




と、ツイッターを読めば読むほど性格がわからなくなってきますが(^^;。
ただ、ちょっとおふざけが過ぎたようで、このツイッターをきっかけに当時勤めていた相模女子大学の客員教授を退任されています(;・∀・)。




・・・ちょっとやりすぎましたね。


そんな大平貴之さん、ご結婚されているのか、子供さんいらっしゃるのかなど気になりますよね。
いまのところ・・・ご結婚されていないとのことです。
まぁ、ひたすらプラネタリウム街道まっしぐらなんでしょうね。


そしてこちらが今日のツイート。




・・・また炎上しそうな匂いがしてきますが(^^;。


そんな大平貴之さん。本業のプラネタリウムのですが、2016/11/23~2017/1/29の期間、六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで「星空のイルミネーション」が開催されるそうです。
「MEGASTAR」や「3D SKY WALK」などいろいろ楽しめるようですよ。
一度出かけてみるのはいかがでしょうか。
大平貴之さんのすごさを体感してみましょう!