室井摩耶子さん、というピアニストの方がいらっしゃいます。
なんと、御年95歳です!すごい!!
18日(金)にTBSで放送される『爆報!THE フライデー』ではこの室井摩耶子さんいについての特集があります。
『高級住宅街・成城でパワフルな生活を送っていた! 長寿の秘訣は、毎日???をして???を食べることだった!』とありますが。
そんな室井摩耶子さんの秘密に一足先にせまってみます。

スポンサーリンク
Sponsored Links

室井摩耶子さんとは?

室井摩耶子さんはこちらの方。

引用元:Mayako Muroi Offcial Site
引用元:Mayako Muroi Offcial Site

品がよくてすごくお元気そうです。


1921(大正10)年4月18日生まれの95歳。
大正って今となってはすごい感じがします・・・。
6歳よりピアノを始め、1941年東京音楽学校(現・東京芸大)を首席で卒業されます。
若い頃から才能があふれる方なんですね。


代表的な経歴としては、1955(昭和30)年、大ヒット映画『ここに泉あり』に実名ピアニスト役で出演。
1956年、モーツァルト「生誕200年記念祭」に日本代表としてウィーンに派遣され、同年、第1回ドイツ政府給費留学生になり、ベルリン音楽大学に留学されます。
その後も海外13カ国で演奏を重ね、日本国内よりはむしろ、海外で名声を高め、1964年にはドイツで出版の『世界150人のピアニスト』として紹介されています。
1980年に帰国後は、日本を代表する名演奏家として活躍されています。


その一方で、体に関するテレビ番組でもいろいろと特集され、2008年テレビ東京で放送された「主治医が見つかる診療所」では、脳の海馬が60歳と評価されるなど、健康や長寿にまつわる番組にも多数出演されています。


Sponsored Links

世田谷でピアノ教室??

室井摩耶子さんは世田谷区成城に住んでいらっしゃるようですが、「ピアノ教室」という言葉がよく話題になっています。
いろいろ調べてみましたが、室井摩耶子さんがプロに教えることはあっても、一般向けにピアノ教室を開いていた、などという話はみつかりませんでした。


室井摩耶子さんに師事していたプロの方はいらっしゃるようです。
ピアニスト植原晴子さん、ピアニスト高島満恵さんなどなど。
ピアノを習いたい方は、室井摩耶子さんに直接習うことは難しいかもしれませんが、室井摩耶子さんに師事された方に習うというのは一つかもしれませんね!


こんなツイートも。


ひかわ玲子さんのピアノの先生でもあったんですね。

肺がんを患った過去

室井摩耶子さんは70歳で肺がんになり「70歳で肺がんになっちゃった、なっちゃったらなったで仕方がないわね」とケロッとされていて、それが功を奏したのか見事に治っておられます。
病は気から、と言いますが、身をもって証明されている感じですね(^^;。


ちなみに、冒頭の『爆報!THE フライデー』の『???を食べることだった』はそれらしき答えを見つけました!
それは「お肉」ですね。
室井摩耶子さんは高いお肉が大好きとのことで、週6日食べる美味しいお肉が生きがいなんだそう。
・・・頼もしい限りです!

家族観

室井摩耶子さんのご家族についてですが、ご両親などについて詳細は不明です。
ただ、室井摩耶子さんのお父さまもご長寿で(102歳で亡くなられた)、お父様の介護などにも尽力されたようです。


そんな室井摩耶子さん。
95歳現在、独身を貫かれているわけですが、こんな素敵な女性ですから過去にプロポーズされた男性は当然いたようです。
しかし、「私、ピアノがいいの」とこれまたあっけらかんと断っていらっしゃったそう。


ただ、室井摩耶子さんの家族観に少しふれるようなこんな言葉も。
「唯一の心残りは子どもを産まなかったこと。自分の命より大切なものを持ってみたかったわ。ピアノとは両立しない別物の大切なもの」
これは、生涯自分で家族を作ることがなかった室井摩耶子さんの率直な気持ちが伝わってくる言葉ですね。




そんな室井摩耶子さん。
2016年12月10日(土) に東京文化会館 小ホールで「室井摩耶子 トークコンサート」をされるようです。
ご興味がある方はぜひ一度生の演奏にふれてみてくださいね!