未曾有のゆるキャラブームが起こって、最近はゆるきゃらがたくさんいても何も思わなくなってきました。
慣れって怖いですねww
さて、「ひゃくまんさん」というゆるキャラをご存じでしょうか?
このひゃくまんさん、どうも苦労が絶えないゆるキャラのようで、かわいそうなので?ここで取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Links

ひゃくまんさんとは?

ひゃくまんさんは石川県の公式マスコットキャラクター。
こちらがひゃくまんさん。

引用元:ほっと石川旅ねっと
引用元:ほっと石川旅ねっと



結構派手です。


得意技は七転び八起き
引用元:ほっと石川旅ねっと
引用元:ほっと石川旅ねっと



・・・なるほど。
いじらしいですね。


ひゃくまんさんは北陸新幹線金沢開業に向けて誕生したキャラクターなのです。

まさかの批判を浴びることに・・・

そんなひゃくまんさんに最初の試練が。
お披露目後に県議会で批判を浴びることになります。


県議会で、


「家族に聞いたら『気持ち悪い』と、さんざんだった」や、
「だるまに似た姿から石川を連想するのは難しい」、
「個性的な姿だが、どうやって売り込むのか」


などの否定的な意見をもらうことに。


これに対して、県側も反論します。
「背中に『石川県』と書いてある」


・・・そうですね(;・∀・)。
みんな必死なんですよね、大事な北陸新幹線金沢開業がかかってますからね(当時)。
死活問題ですよね。


もう成功させようとゆるキャラに必死なわけです。


谷本知事はせんとくんを引き合いに出して、最初かわいくないといわれていたけど、その後知名度はあがった、という意見を述べたそう。


「ここで引き合いにだされても」とちょっとせんとくんを思いやってみたり。


そんな諸手を挙げて歓迎、とはいえないスタートをひゃくまんさんはきることになります。

Sponsored Links

ここにきて致命的なミスが?

そんなひゃくまんさんですが、その後子供たちにも慕われ、愛されキャラとなった今、日々PR活動にいそしんでいます。


ひゃくまんさん、愛されてます!


ゆるキャラ仲間とパシャリ。なんだかほっとします。




そんなひゃくまんさんを悩ます問題がいま勃発しているそうです。
それは、体型の問題
おしりが大きすぎて北陸新幹線に乗れないどころか駅の改札さえも通れないらしいのです。


テレビ局のスタジオに入れなかったこともあるそう。
テレビ番組のロケでは、お店の入り口に入らず、お店の前で待ち続けたことも…(かわいそすぎませんか・・・)
県の職員の方はロケのときなど、必ず下見をするなど頑張っていらっしゃるようです。


そもそも、おしりが大きくなったのはデザイナーの田中聡美さんが「太さがあった方がかわいい」と希望。
デザイナーさんはデザイナーさんのこだわりがありますからね。
そこで、県は県庁内の入り口などを計測して、田中さんと相談してようやく今の大きさに決定。


なのに、北陸新幹線に乗れないなんて・・・。
これで設計ミスか?ということになったわけですが、そもそもひゃくまんさんはあくまでも北陸新幹線開業前に首都圏でPRするためのキャラクターで、新幹線に乗ることは想定していなかったそう。


ということは、設計ミスではない、ですね(^^;。


思いのほか人気が出た結果、ということでしょうか。


ちなみに、ひゃくまんさんは1体200万円!!
金箔や輪島塗を使って仕上げられているそうですよ。


PRという意味ではそれくらいやってもいいんじゃないか、と個人的には思います。


現在は首都圏と石川県内で2体のひゃくまんさんがPR活動を行っているそうです。
長く愛されるキャラでい続けてほしいですね。