「人食いバクテリア」なんていう世にも恐ろしい名前が話題になっています。
そんなの日本では関係ないでしょ~と思いたい気持ちもわかりますが・・・。
そんなことも言ってられないニュースが飛び込んできました。
今回は「人食いバクテリア」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Links

人食いバクテリアとは?

そもそも「人食いバクテリア」とは「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」のことです。
そして、この「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」は、「A群溶血性レンサ球菌」という細菌に感染することで引き起こされます。


主な症状としては、突発的に発症して手足の筋肉が急激に壊死していき、、多臓器不全からショック状態になり、最悪死に至る、という症状です。
致死率は30%
かなり高い数字になっています。


また原因となる「レンサ球菌」ですが、そもそもレンサ球菌には、「A群溶血性レンサ球菌」「B群溶血性レンサ球菌」「C群溶血性レンサ球菌」など種類があります。
特別な菌のように感じますが、全くそんなこともなく、人の皮膚にも住んでいるような常在菌と言われるものです。


その中でも主にA群とされているものの一部が人食いバクテリア(劇症型と呼ばれているもの)になるとのこと。
どういった場合に劇症型になるのかなどは現在のところわかっていません。


そして、子供から大人まで感染するものですが、なぜか30代以上(ピークは50代~60代)に患者が多いらしいのです。

Sponsored Links

感染ルートもはっきりしておらず、傷口からの感染が多いのではないか、と言われています。


ただ、飛沫感染や接触によるものでも感染する可能性があるため、手洗いうがいが奨励されています。
また、マスクをする傷口を清潔にする、ということも予防の一つとして挙げられます。


初期症状としては、皮膚が赤く腫れたり、風邪に似ていて区別が難しいですが、喉の痛み発熱、また血圧の低下などが見られるそうです。


風邪だから大丈夫だよね~という自己判断はよくない、ということになりますね。


また、人食いバクテリアはドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命The 2nd season」でもその名が出てきて話題になりました。
劇症型ですから、まさに時間との勝負になってきますね。

人食いバクテリア、患者数が過去最高

なんと今年、この人食いバクテリアの患者数が過去最高になっているといういうのです。


国立感染症研究所によると、今年の患者の数は11月13日までで、442人にのぼっており、調査を始めた1999年以降で、最多の患者数となっています。
そして、都道府県別で見てみると、東京が60人、神奈川が48人などとなっています。


首都圏で患者数が多いのはもともとの人口が多いということもありますし、人が密集した場所に行くことも多いということもあるかもしれませんね。

治療法は?

治療は、壊死している場所がある場合、そこを切除・切断することになります。
一刻も早く菌を取り除かないと、どんどん症状が進行してしまう可能性が高いからです。
また、菌の繁殖を食い止めるために抗菌薬も処方されます。


知れば知るほど恐ろしい病気のように感じますが、私たちは、手洗いうがいなど普段の生活でやれることをやるしか今のところはなさそうですね。
早く原因が究明されることを祈るばかりです。