リディア・コ選手というゴルフ選手ご存じでしょうか?
今季アメリカの女子4勝で世界ランキング1位の選手です。
そして今年のリオ五輪の女子ゴルフでの銀メダリストでもあります。
このリディアコが本日から開催されているゴルフ TOTOジャパンクラシックに出場されているということで注目を浴びています。
今回は、リディア・コ選手とはどんな人か、ご紹介しますね!

スポンサーリンク
Sponsored Links

リディア・コ選手は、ニュージーランドの女性プロゴルファー。
ソウル市生まれで5歳からゴルフを始めて、6歳からニュージーランドに移住しているとのこと。


1997年生まれなので、現在まだ19歳なんですね!!衝撃・・・。


とにかく、ゴルフの成績がすごい。


ちょっと書ききれないくらいのタイトルを総なめにしてきています。
一部をご紹介すると・・・


アマチュア時代に世界ランキングで130週連続1位、全米アマチュア選手権で優勝
LPGAツアー「カナディアン女子オープン」では史上最年少の15歳4カ月で優勝、翌年も連覇
女子世界ゴルフランキングでは史上最年少の17歳9カ月で1位を獲得、
女子選手として最年少メジャー制覇などなど・・・


あ、一部ですよ、これ(^^;。
そんなリディア・コ選手ですから「ゴルフ天才少女」とよばれています。

Sponsored Links

そして、リディア・コ選手、容姿もかわいらしいですよね。
前はメガネをかけていて、あまり目立つ感じではなかったんですけど、メガネをコンタクトに変えた途端、男性ファンたちがざわざわしております^^。
霧雨が降るとレンズを拭かないといけないし、ずっと外したいと思っていたそう。


うん、絶対メガネかけないほうがリディア・コ選手の良さがでますね。


そんなかわいいリディア・コ選手なので、彼氏がいるのか、はたまたまさか結婚してたり!?ということが気になりますよね。
今のところ、結婚や彼氏の情報は出ていないようですね。


ご本人は将来的には、30歳でゴルフを引退して、セカンドキャリアを考えているとのこと。
ゴルフはできるけど、勉強はできない、とは思われたくないようで、勉強もしっかりやっているそうです。
特に心理学などに興味があるようですね。


ゴルフで第一線で活躍しながら、もう次のステップを考えてるなんてさすがですね~。
結果を出す人は違うな、と思います。


こんなしっかりもののリディア・コ選手を育てたご両親がどんな人なのか気になります。


ご両親ですが、ニュージーランドに移住する前は、父親のコ・ギルホンさんは証券会社の支店長、母親のヒョン・ボンスクさんは英語の先生だったようです。
娘にゴルフの才能を見出して、ニュージーランドに移住しちゃうんですから、ご両親もすごい決断力ですよね。


そんな才能あふれるリディア・コ選手。
5日6日のTOTOジャパンクラシックではまたどんな結果を残してくれるのか本当に楽しみです。


今後、ますます目が離せませんね!