日本テレビで放送されている「誰だって波瀾爆笑」にお笑いコンビ「テツandトモ」さんが出演されました。
最近テレビで見ないですよね。
もう消えてしまったの?とか生活大丈夫??なんて視聴者は思ってしまいそうですが、このお二方、実はすごく働いてます!
今回は「テツandトモ」の「誰だって波瀾爆笑」で放送されていた現在の営業戦略についてご紹介します。

スポンサーリンク
Sponsored Links

テツandトモとは?

テツandトモさんは、1998年に結成したお笑いコンビ。
2003年に「なんでだろう~」で大ブレイク。
「なんでだろう~」は、ユーキャン新語流行語大賞、年間大賞も受賞。


こちらのジャージでおなじみですよね。

引用元:テツandトモオフィシャルブログ
引用元:テツandトモオフィシャルブログ



子供たちとかみんな真似してましたからね~。


ちなみに、意外と知られていないお二人の本名ですが、テツさんが「中本哲也さん」、トモさんが「石澤智幸」さんとのこと。
テツさんは3児の父で、小6の息子さん、小3の娘さん、3歳の息子さんがいらっしゃるとのこと。
トモさんは独身です。


テツさんは小学校の時には五木ひろしにあこがれて歌を歌い始め、12歳のころにちびっこ紅白歌合戦に五木ひろしさんの曲で出場するなど、小さいころから歌のうまさが際立った少年として有名だったそう。


一方のトモさんは、小学生のころに祖母の影響で詩吟を習っていたそうです。


そんなお2人はそろって日大芸術学部に進学。
大学時代はあまり交流はなかったそうですが、卒業後の友人の結婚式の余興でコンビを組んだことをきっかけにテツandトモがうまれたそうです。


Sponsored Links

テツandトモの営業とは?

そもそもお笑いで言われている「営業」とは、企業のパーティーやお祭りや大学祭などでネタをやることなのですが。


テツandトモのお二人、今は「地方営業の神様」とよばれています。
鉄板の営業ネタで会場は超満員。


年間の営業本数は196本
2日に1本くらいのペースやっているとのこと。


ネタは「なんでだろう~」にひねりを加えた、即興歌ネタなんだそう。


各営業先のことをいろいろリサーチして、その営業先向けの「即興なんでだろう~」を作って披露しているらしいのです。


これはすごいウケるでしょうねぇ~。


また、同じ場所で2年連続3年連続など依頼されることもあるので、ネタがかぶらないようにしっかりメモをとっていらっしゃいました。


このあたりさすがプロですね。


他にも、その場で急に依頼されたことにも時間をできる限り調整して参加する、最近のトレンドを取り入れる、年配のお客様が多ければ本格的な歌を披露する、イベント後のファンサービスも欠かさない・・・などなど子供から大人まで楽しませるようにかなり意識されているなぁと思いましたね。


これはリピートされるのも納得です。
この人気ぶりなので、消防署や警察署主催の営業もされていました。


ちなみに、トレードマークのジャージはオーダーメイドだそうで、なんと一着10万円(半袖は5万円)とのこと。
結構高いですねぇ~。


テツさんは、全国各地に営業に行かれているので、子供の行事になかなか参加できないことが悩みの種だそう。


とはいえ、自分たちのスタイルをしっかり作って仕事をとっていらっしゃるテツandトモさんに学ぶところはいろいろありますよね。
今後のご活躍も期待しています。